ヘナやインディゴの消費期限はどれくらいですか? - 消費期限/保管方法・消費期限

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 消費期限/保管方法・消費期限

消費期限/保管方法・消費期限

質問
回答

未開封の場合、収穫製造からおおよそ3年を目安として、ご使用ください。



弊社では、ヘナの収穫シーズンに鮮度のよいヘナの葉を買い付け、粉末化、そしてしっかりと乾燥した状態で真空パックにてアルミパッケージしていますので、より鮮度が長持ちするということがわかりました。

鮮度とは、ヘナの葉の色、匂い、雑菌の繁殖度合いにて、判断します。
鮮度が落ちてくる、つまり劣化してきますと、まず、どなたにもはっきりとわかるのが、ヘナの色です。
粉末が茶色っぽくなってくると、見た目で劣化していることがわかります。
さらに、古くなって劣化してくると、ヘナ特有の草の匂いに生臭さが増してきます。
見た目が茶色っぽく、生臭いヘナは、同時に雑菌も繁殖しているヘナであることが、検査でわかっています。

弊社では、収穫時に短期間に粉末化、肉厚の遮蔽製の高いアルミパッケージに封入したヘナを3年後に開封検査しましたところ、ヘナ粉末の色が極端に茶色味を帯びておらず、また、臭みもさほどでなく、雑菌の繁殖度が通常の範囲であることが検査にて確認できたため、3年を目安としています。

ただし、ハーバルヘアカラー3,5,7やハーバルヘアカラー花ブレンド、ハーバルヘアカラーオンレジなどの香りを添加したものは、2年を超えると香りが弱くなりますので、2年以内にご使用いただいた方がよろしいです。

目安の年数を過ぎてもご使用いただけますが、匂いが強くなったり、色素が弱くなったりしますので、ベストな状態でご使用いただくには、目安の年数以内でご使用いただくのがよろしいです。

また、開封後は、ヘナやインディゴの粉末を湿らさないように注意して保管してください。
アルミパックの口が開いたまま保管されますと、湿気ですぐに劣化してしまいますので、ご注意ください。





消費期限/保管方法・消費期限



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ