トリートメント目的の場合、ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9とインディゴの二度染めでは、どちらがいいですか? - トリートメント目的/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > トリートメント目的/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

トリートメント目的/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)

質問
トリートメント目的ですが、白髪が多いため、ヘナ100%のものだけでは使えません。
トリートメント目的の場合、ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9とインディゴの二度染めでは、どちらが髪にいいですか?

回答

基本的に、インディゴは髪をバサバサさせます。


インディゴには髪をバサバサとさせる作用があるため、特に髪が傷んでいる場合は、インディゴやインディゴを配合している製品(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9)を使った場合に、髪がボソボソ・バサバサになる場合があります。
これはインディゴで後染めされる場合でも、ハーバルヘアカラーをご使用になる場合でも一緒ですので、どちらにされるかは利便性などお好みでお選びください。

インディゴのバサバサ感は避けられませんが、インディゴやハーバルヘアカラーの後、発色が落ち着いた2~3日後にハーブシャンプーをし、その後少量のオイルを髪に塗ると、シカカイのトリートメント作用とオイルの潤い効果で、サラサラに仕上がりが回復する場合が多いです。
インディゴ及びハーバルヘアカラー1・3・5・7・9は、ハーブシャンプーとオイルをセットでご使用になられることを、おすすめします。


マハラニ ハーブシャンプー香る髪



マハラニ ヘアケアオイル






インディゴやハーバルヘアカラー1・3・5・7・9をすると髪がごわつく





トリートメント目的/白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ