インディゴがよく染まらない - 上手な染め方のコツ/白髪隠し(インディゴ編)

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 上手な染め方のコツ/白髪隠し(インディゴ編)

上手な染め方のコツ/白髪隠し(インディゴ編)

質問
ヘナとインディゴで白髪染めをしてますが、ヘナで白髪は赤オレンジ色に染まりますが、インディゴの染まりが悪く手順は、

60度のお湯でインディゴを溶き、一晩おく

インディゴを髪に塗り、2時間おく

シャンプーなどは使わずお湯で流す

すぐドライヤーで乾かす

というやり方です。
染まりが悪いのにはなにかこの手順に問題があるのでしょうか?

回答
インディゴの注意点は、弊社同梱の使用説明書「はじめてのヘナとハーブシャンプー」にも明記しておりますが、

インディゴは寝かさず、溶かしたらすぐに使う。


インディゴは、お湯に溶かして1時間以上放置しますと、染毛力が弱まります。一晩など放置しますと、ほとんど染まりません。

インディゴは、50~60度程度のお湯で溶かし、人肌に冷めたらすぐに塗布して、1時間以内に洗い流してください。

インディゴは、タオルドライで自然乾燥(ドライヤーで速乾させない)


また、洗い流した後はドライヤーで乾かしますと発色が悪くなるため、湿ったままタオルを巻いて放置する、タオルドライでお願いします。





上手な染め方のコツ/白髪隠し(インディゴ編)



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ