茶系が希望ですが、ハーバルヘアカラー3と5ではどちらがいいでしょうか? - 色味/ヘナ&白髪隠し製品選び

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > 色味/ヘナ&白髪隠し製品選び

色味/ヘナ&白髪隠し製品選び

質問
私の髪質は、細く猫毛で染まりやすい方です。赤くなったり黒くなるのは嫌で茶色が理想ですが、ハーバルヘアカラー3と5ではどちらがいいでしょうか?

回答
まず、ヘナにしても、インディゴにしても、ハーバルヘアカラー3,5,7にしても、基本的に黒髪は染まりません(実際には染まってますがはっきりとわかりにくい程度にしか染まりません)ので、ここでは「白髪をどのような色に仕上げるか」について、説明させていただきます。

ハーバルヘアカラー3,5のどちらがよいかということですが、少し説明に難しい点がありますが、白髪を茶系に染めたいのであれば、基本はハーバルヘアカラー3を試されると良いかと思います。
ハーバルヘアカラー3とハーバルヘアカラー5の、基本的な違いをわかりやすく説明すると………

ハーバルヘアカラー5で全体染めをしますと、白髪が茶系に染まります。
しかし、更に続けていきますと、だんだんと焦げ茶色に見えるようになり、最終的に黒っぽく見えるように染まってくることが多いです。

ハーバルヘアカラー3で全体染めをしますと白髪は茶っぽく染まり、更に続けていきますと、だんだんと茶色が深まりますが、場合によってはダークブラウンに染まってくる場合が多いです。
人によっては、黒っぽく染まってくる場合もあります。

要するに、ハーバルヘアカラー3,5の色目は安定しておらず、インディゴは重ねれば重ねる程暗く染まるという特質がありますので、全体染めの回数により白髪の染まり具合が徐々に変化し、濃くなってくる、暗めになってくる傾向があります。
(これも人によります。安定して同じ結果になる方もいらっしゃいます。)

その場合は、ハーバルヘアカラー3か、5とヘナを交互に繰り返すなどをされると、茶系を維持できるようです。

ヘナだけですと、赤茶っぽく染まります。
インディゴだけですと青っぽくそまり、ヘナとインディゴをあわせることで、茶系がでてきますが、続けるとインディゴのほうが勝ってきてしまう場合がありますので、少し色が暗くなってきたなと思ったら、ハーバルヘアカラーの合間に、ヘナだけを使用して赤味を補い、また、ハーバルヘアカラーを続けていくと良いでしょう。

もしくは、全体染めを目安の色味になるまで短い期間で2~3回繰り返し、白髪が目安の色味になった後は、根元染め(リタッチ)のみを繰り返していくと良いでしょう。






色味/ヘナ&白髪隠し製品選び



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ