石臼挽きと機械挽きのヘナの違いは? - ヘナについて/ヘナ

|

ヘナ・よくあるご質問

ヘナ > よくあるご質問 > ヘナについて/ヘナ

ヘナについて/ヘナ

質問
石臼挽きのヘナのほうが発色がよいのでしょうか?

初心者向け

アーユルヴェーダ経典に「ヘナの葉は石臼で挽く」との記載


ヘナ石臼挽き

石臼では、上下2枚それぞれ重さ1トンの石臼をゆっくりと回して、一日でヘナの葉を100
キロ程度しか挽くことができません。

それに対し機械は高速で、一日に何トンも処理できます。
このような効率の違いのために、現在では手間暇のかかる石臼挽きは廃止され、使用されなくなっています。

ですが、アーユルヴェーダの経典では「ヘナの葉は石臼で挽く」と記載があり、それには意味があると、私どもは考えております。

石臼挽きでは、ヘナの葉は50度程度にしか加熱されません。
ところが機械挽きでは、瞬間的に200度近くに加熱され、ヘナの葉が粉末にされる段階で一定度、劣化、変質いたします。

ただ、だからといって染まりに大きな差はありませんが、インドの伝統にしたがい、ヘナの低温石臼挽きをお届けしています。
ぜひ皆様に、その違いをお確かめいただきたいと、考えております。

※ファイン粉末は、通常の機械挽きヘナをメッシュにかけ、よりキメの細かい粉末にした製品です。手で塗る他に、特にハケ塗りに適しています。




ヘナの年度による違いは?





ヘナについて/ヘナ



ヘナ
白髪隠し(ハーバルヘアカラー1・3・5・7・9編)
白髪隠し(インディゴ編)
ヘナ&白髪隠し製品選び
ハーブシャンプー
ハーブシャンプー製品選び
癖毛
ハーブとパーマ
その他のハーブ
スキンケア
オイル
植物アレルギー
保管方法・消費期限
その他


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ