アタルバアーユルヴェーダ・ローズの香りマッサージオイルR

アーユルヴェーダ製法、ローズの香りのスキンオイル アタルバ マッサージオイルR

アーユルヴェーダ製法、ローズの香りのスキンオイル アタルバ マッサージオイルR

マッサージオイルR30ml

アタルバが無農薬栽培したローズ花弁の水溶エキスをアーユルヴェーダ製法でゴマ油に融合。さらにローズオットー(水蒸留)で香りを高めた製品です。 ローズ花弁の水溶油溶の両成分をこの一本でお楽しみいただけるユニークなオイルです。 保湿スキンオイルとして最適で、お風呂上りなどにマッサージするように 刷り込めば、ローズが香るだけでなく、ローズの水溶油溶成分(天然保湿成分)が、ゴマ油と一緒に、オイルの成分としてお肌に浸透します。なお、無農薬栽培ゴマから冷搾したゴマ油を使用しています。


アタルバ・アーユルヴェーダが作ったローズオイル「アタルバ マッサージオイル R」は、いわゆるローズオイルとは一味違う使用感と香りをお楽しみいただけます。

最も大きな特徴は、無農薬栽培されたローザセンチフォリア種のローズ花弁の成分と香りを水溶させ、それをゴマ油に融合させるというアーユルヴェーダ特有の製法にあります。本来は油に溶けないはずの水溶成分が、インド伝統のアーユルヴェーダ製法ではベースオイルであるゴマ油に融合させることができるのです。

さらに、 自家栽培ローズより抽出したローズ・オットー(ローズ水蒸留精油)を添加し、香りを高めており、このオイルを使用しますと、かぐわしいローズの香りが広がるだけでなく、水溶したローズの香りも漂い、心地よい使用感です。ゴマの香りもしていますが、水溶成分をゴマに融合させて保存するのがアーユルヴェーダ製法で、ローズの水溶成分が、ゴマ油と一緒に、オイルの成分としてお肌に浸透します。

なお、ベースオイルとなるゴマ油は、ローザセンティフォリア種のローズと同様、アタルバが独自に、一切の化学物質を使用しないで、無農薬栽培したゴマをコールドプレスしたゴマ油を使用しております。

アタルバ・アーユルヴェーダ・ファーマセティカルのオイル
アーユルヴェーダ製法、ローズの香りのスキンオイル アタルバ マッサージオイルR

マッサージオイルR30ml

アタルバ マッサージオイル R
AT43 ◆30ml 価格:2,980円(税込)

ポイント: 82pt(3%) 詳細
買い物かごに入れる

ディスペンサーは別途同梱しております。お届け時は白キャップがついておりますので、同梱のディスペンサーをお客様ご自身で取り付けてお使いください。

※本ロットは前ロットと比較した場合、使い慣れている皆様には、香りの点において前回分より微妙に弱いかも?と感じられるかもしれません。アーユルヴェーダ製法のゴマの香りや各ハーブの強さ、アタルバが独自に水蒸留しているローズオットー自体の香りの強さなど、毎回、条件が異なるため微妙に香りが異なってきます。皆様のご理解をお願いいたします。

※容器はガラス容器。キャップはプラスチック。

代金引換/クレジット決済は
12月12日に出荷
お届け日や配達日のご指定の詳細。
※出荷が翌営業日になる場合もございます。

アタルバCBLオイルの全成分:

ゴマ油、 センチフォリアバラ花エキス、 牛乳、 ナンヨウアブラギリ根エキス、 センチフォリアバラ花油。

牛乳の成分はアーユルヴェーダ製法により油に融合されております。

アタルバのオイルの表示製造年月は、アタルバが実際にオイルを製造した日で、容器に充填した日ではありません。小ロットづつアタルバより空輸しておりますが、製造年月については1年前ほどのものが入荷することがあり、オイルの有効期限はその表示製造年月より3年となっております。これは、実際には、アーユルヴェーダ製法にて製造され保管されていたオイルが1年後に、容器に充填され、当方に入荷したことを示しております。また、 アーユルヴェーダ製法により製造されたオイルは酸化しにくく長期保存が可能なオイルで、逆に製造してより1年程度経過したオイルのほうが品質が安定してよいとさえ言われております。

ご使用方法

肌に薄く刷り込むようにマッサージしながら塗ることでお肌が潤います。

使用上の注意点

植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。

パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

化粧品がお肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。そのまま化粧品類の使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は専門医に相談してから使用して下さい。

高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

ヘナとインドハーブQ&A

アタルバマッサージオイルRはヘアオイルとしても使えますか?
はい、お使いいただけます。
ハーブシャンプー後、ヘナ後に、少し、ヘアオイルとして塗布することで、ローズオイルの香りで、ヘナの匂いを低減させるとともに、ヘナやハーブシャンプーによる乾燥を防ぐことができます。ただし、アタルバマッサージオイルRの香りは持続性のある強い香りではありませんので、万が一、ヘナ臭をしっかりと抑えたい場合は、弊社別売のマハラニフレグランスオイルなどをお勧めします。
お風呂上りに、あるいは、朝の洗顔後に、ハーブシャンプー後やヘナ後に、ローズ好きな皆様ために、乾燥を防ぎ、同時に香りも楽しむことができるオイルとして、様々に活用していただけます。
アタルバマッサージオイルRのアーユルヴェーダ製法について、もう少し詳しく教えてください。
ローズの花弁をお湯で煮込み成分を水溶させ、ゴマ油を投入して水が完全に蒸発するまで煮込みます。
ローズの水溶成分は長期間保存することができず、通常は腐ってしまいます。ですので、ローズの水溶成分を楽しむには、毎回、ローズの花弁から花弁エキスを水溶させ使うしかありません。ところが、アーユルヴェーダ製法では、このローズの水溶成分をゴマ油に融合させることができます。まず、ローズの花弁をお湯でぐつぐつと煮ることでローズの花弁成分を水溶させます。そこにごま油を投じます。すると、ローズの水溶成分が含まれた水は下に沈み、ゴマ油が上に浮きます。その状態で、さらに煮続けると、下に沈んでいた水が蒸発して最後にはなくなります。最後の水が蒸発しきった段階で火を止めます。こうして、ローズの水溶成分がゴマに融合され、長期保存が可能になるわけです。このゴマ油を体に塗布しますと、ゴマ油と一緒にローズの花弁の水溶成分が体に吸収され、使用後、お肌の潤いが増していることが体感できます。さらに、アタルバマッサージオイルRでは、精油(ローズオットー)を添加しており、このローズの油溶成分であるローズ精油が心地よい香りを添えてくれるのです。なお、アタルバで使用しているローズは、アタルバが独自に無農薬栽培している大変に貴重なローザセンティフォリア種のローズです。

おすすめ

無農薬栽培ローズ粉末
マハラニ アタルバアーユルヴェーダ ローザセンティフォリア

ピンク色の花びらを持つローズ、ローザセンティフォリア種のローズ粉末です。インドの太陽を浴びながら、農薬を一切使用せず、自然の堆肥だけで(主に牛糞など)育てられたローズ花弁だけを粉末にしました。

マハラニアタルバ ローザセンティフォリア

無農薬栽培ローズ花弁粉末配合
マハラニ アタルバアーユルヴェーダ フェイスパックR

インドの太陽を浴びながら、農薬を一切使用せず、自然の堆肥だけで(主に牛糞など)育てられたピンク色の花びらを持つローザ・センティフォリア種が主成分。さらに、保湿作用にすぐれるイェシティマドゥ(成分名:リコリス)やテツザイの木の花(雄しべ部分使用)粉末、毛穴まで浸透して洗浄するアムラを配合しています。

無農薬栽培ローズ花弁粉末配合
マハラニ アタルバ フェイスパックR

お問合せ