6日間連続でコースを行うのには理由があります-オーラソーマスクール

和尚アートユニティのオーラソーマスクールはイギリスのオーラソーマ・アカデミーと同じく6日間の連続のコースです。 6日間連続でコースを行うのには理由(ワケ)があります。 オーラソーマのコースでは、 左脳で情報や知識を学び、 右脳からの直観的知性で実際にボトルを感じ、 そこからメッセージを受けとっていくことを学びます。 そして、左脳と右脳とを統合していくことで、 オーラソーマをより深く理解していくことができます。 そのためには実際にコースで体験することが必要となってきます。 これまでの学校教育では、 知識、情報の暗記を重視する 左脳重視の教育がなされてきています。 そこではなかなか自分の直感を信頼し尊重する機会は少なく、 右脳的側面や直観的知性を開花させるための機会がありません。 右脳の直観的知性を開いていくためには、 忙しい日常の生活から離れ、 ゆっくりと自分の内側に入っていく機会を持つことがとても大切です。 6日間連続でオーラソーマを学ぶその場にいることで、 内面の体験プロセスは、よりトータルに、 より深いものになっていきます。 6日間という連続した時間は、 普段の外側での生活を離れ、内面奥深くに入り、 新しい自分を発見し、そしてそれを統合して、 日常生活に持ち帰るための、最適な期間です。 オーラソーマのコースでは、 毎日、その日の4本のボトルを自分自身で選び、 記録をとり、そのボトルと出会い、 ボトルを通して自分自身と出会っていきます。 6日間毎日ボトルを選んでいくことで、 自分の持っているパターンを見出すことができます。 そしてボトルのメッセージによって見出す自分への気づきが、 新しいあなたへと導いてくれるでしょう。 そしてその6日間は、 同じ志を持った仲間との貴重な出会いとなるでしょう。 そこから生涯の友情が芽生えることも珍しくありません。 みんなが支え合い、ともに学び、お互いを尊重し合うことで、 これまで出会うことのなかった新しい自分を 発見する機会にもなっていくことでしょう。