以外だった「恐れ」の正体 - イクイリブリアムボトル B102

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2009/12/27]
以外だった「恐れ」の正体

102ボトルの説明を読んだとき、自分にとって恐れているものは何だろう?と思いました。いくつかあった中で「実は、人と向かい合ってきちんとお話すること」とわかりました。
それまでは無理して人に合わせたり、自分を取り繕ったりしてました。他の人が攻撃してくるのではないか?と思い込み、無意識に武装し続けていたのです。
ボトルを使っているときは知らない人に会って話をしたり、何かをお願いしたりする機会が増えました。少しずつこなして、ボトルが使い終わるころは恐れが少なくなりました。自分で作り出した「恐れ」が短期間で崩れ去っていきました。



4 人中、4人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。