思考のプロセスを見る☆ - イクイリブリアムボトル B073

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2015/12/17]
思考のプロセスを見る☆

 今回のワークを通して、職場でずっと気になっていた人についての気づきが起きました。
その気づきによって、私自身も楽になれたので、やっぱり私に必要なワークだったのだと思っています。

 気になっていた彼女は、既婚者で、現在50代半ば、子供も2人います。
優しそうな旦那さんがいて、今の職場で20年以上のキャリアがあり、精神的に余裕があり、安定しているかと思いきや、決してそうではなく、かなり感情の起伏が激しいタイプです。(彼女に関わる全ての人が被害者だと言っても過言ではない位の存在です・・・)

 不平・不満ばかりを口にし、彼女がしゃべれば、口からヘビやトカゲが出てくるイメージです。
対処法を自分なりにいろいろ考えた結果、”君子危うきに近寄らず”で日々過ごしていますが、どうして彼女はあぁなんだろう?と考えることが度々あり、その答えのようなものが今回やってきました。

 今の職場で働き始めた当初、彼女が自分の母親は生みの親では無いことを私に話したことがありました。本当の母親ではなかったから、どう甘えたらよいか分からずに育ち、自分が子供を産んだ時も、自分が生んだ子供に対してどう接したらいいのか分からなかったのだと。”最初の子供は、どうでも良かった。”愛情が無い、というような発言も普通にしていて、ちょっとびっくりしたのを覚えています。

 例えば、彼女は、自分の子供位の年齢の若者とも一緒に働いていますが、常に自分が優先です。
ランチタイムに相手に「お腹空いてない?先に食べる?」と聞いたことは一度もありません。
もちろん私も聞かれたことはありません。お土産を貰っても1番に自分の分を確保。

常に”自分!””まず自分!”という行動を取ります。自分アピールが半端ないです。彼女から”他人に譲る”という精神を感じません。相手の年齢や性別など、そんなものは一切関係ない感じです。私にダメだと言った同じ内容のことを、後で上司にキーキー主張していたりして驚きます。”私以外の人間はダメだけど、私はOK!”これはいつものパターンです。おそらく無意識的にそういう行動をとっているのでしょう。もういい年した大人なのに、どうしてそんなに必死さが出るんだろう?と今回気づきがくるまで不思議でたまりませんでした。

 実際にそうかは分かりませんが、これは私の想像ですが、生みの(母)親に育てられた私としては、母親から貰う愛情は当たり前のもので、兄弟がいるのでそれなりにアピールしたりして母親の愛情をより多く勝ち取ろうとしてきたと思いますが、心の奥底では、自分は母親に愛されていると知っていて、安心している状態にあったのだと思います。海面は多少波打つことがあっても、海底はいつも穏やかでいられた。
 でも彼女の場合、生みの(母)親ではなかった為その海底の穏やかさを保つことが出来なかった。そしてサバイバルの状態にいた為、”まずは私!””私が!私が!”の必死な状態になり、それを未だに引きずって生きているのではないかと・・・。彼女の言動は、”不安・恐れ”からきているものだと強く感じるので。
 このボトルには、”思考のプロセスがどのように働いていくのか、またどのように人は思考に捕らわれてしまうのかを見せてくれる”とあるので、この事かな~と思いました。
 母親の愛情が一人の人間の人生にどれほど長く、大きな影響を与えるのかを目の当たりにした感じがします。彼女は50歳を過ぎてもなお、心の傷を癒しきれず、”母親の愛情”というものに翻弄されて生きている気がしました。
愛を求めるが故に、行動し、結果、周りの人間に疎まれ、表面的には彼女は自分の思い通りになり、愛を得られていると思っているのかもしれないけれど、根底では得られずに、もがいているのかもしれません。それがヒステリックな形として表れているのなら、苦しいな・・・と。今回の気づきは、とても深く、大きなものだったと思います。
これまで一緒に働くのがストレスでしたが、視点が変わり、感謝しています(*^_^*)ワークして良かった☆そして、これからもワークを続け、自分を癒していこう!と改めて心に誓ったワークとなりました。





使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。