心理的な胸のいたみに。 - イクイリブリアムボトル B010

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2009/08/30]
心理的な胸のいたみに。

ハートがむきだしになっていて痛い気がしていたことと、二本目もしくは三本目に選ぶことがあったので、他の方の体験談などを参考に 「B010 Go Hug a Tree」を選びました。塗布部分が胸元だと、なんとなく遠慮がちに使うことが多かったのですが、今回は遠慮なく塗布箇所にぬることにしました。

使って数分後、すーすーと胸元に微かな清涼感を感じ、
その後、その部分が内側からほのかにあたたかくなりました。

外出時、いつもどこか懸命に気を張って歩いていましたが、楽に歩くことができました。
人からの感覚的な影響をすぐさま受けてしまっていたのですが、塗布後、透明な何かの隔たり(よい意味での)があるような感じになり、あまり気にせずにいることができました。また、自分自身を被害者意識のせまい檻に閉じ込めて、檻の中にいることにも気付かずに そこから出ようともがいて苦しんでいたということに、他の出来事などもあって、気付くことができました。

その後 ちょうど、人から見ればそうでなくとも、私個人は悲しい、と思う出来事がありました。また、胸の間・・・中心線辺りがむき出しで傷んだままになっている感覚があり、どうにかしたくて「B010 Go Hug a Tree」をその箇所に、背中側にもつけました。
いままで、かなしいと思っても胸に溜めたままで重くなっていましたが、塗布後、ひとりきりで身体を休めていたとき、思いきりそのままの感情を言葉に(「傷ついたことをわかってほしかった」等)し、声に出して、泣くことができました。胸の中で 知らず暴れていた悲しみが穏やかになり、ある程度落ち着いて受け止めることができるようになりました。いたみに混乱してくるしむのではなく、自然な自分自身を感じていけることを、とてもありがたく思っています。



3 人中、3人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。