本質を見つめて本質を生きる - イクイリブリアムボトル B053

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2014/08/30]
本質を見つめて本質を生きる

このボトルを使っている間、ずっと体はだるく眠気もすごかった…。
一体何が起こっているのだろう?
何かの過去の感情が解放される時の様な状態が続きました。
フェルデンクライスの体操をしていたので全身に使っていたために、すぐに無くなってしまいましたが、一時の嵐のような感じでした。

一番の収穫は、このボトルを使っている時に、ずっと以前に気にいって読んでいた本を再び読み始め、自分の生き方について、よくよく考えさせられたことでした。

その本とは、婦人之友社から出ている、「最も自然な生活」(羽仁もと子著)。
その本の中に、「愛と寛容」という項目があり、「自分は至らないものだと、だれでも一方では思っていながら、他人に対する時は、多くの場合自分一人がよいものであるかのような気になって、他人の不行き届きを不快に思い、心ひそかに、咎めだてをしているものです。私どもがほんとうに他人を愛することの出来ないのは最もこのためです。」という一節があり、私はハートから他人を見るということを、端的に教えてもらったような気がしました。
「その人そのものを見つめる」。
本当に大切な作業だと思います。
いろんな余計な情報に振り回されることなく、まっすぐに生きていきたい。



3 人中、3人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。