印象深いボトルです - イクイリブリアムボトル B068

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2014/08/02]
印象深いボトルです


2本目にワークしたボトルです。

正直、とてもしんどいボトルになりました。
B044のボトルで始まった私のオーラソーマ。
最初は緩やかに始まり、このガブリエルのボトルでドッカーンと変化が始まった感じです。

とにかくしんどかった(苦笑)。
このボトルとのワークが終わった今でもその印象が強いです。
しかし、その分とても大切で大きな気付きがあったのも事実です。

最初にボトルを手に取った時に、「どうして今、私の手の中にこのボトルがあるんだろう?」と違和感ばかり感じていました。

それは使い始めてもしばらく変わらず。
なので混ざりにくいのなんの(笑)。
とにかく下ばかりが減っていって、上が減らない。

使っていても違和感ばかり感じていたのですが、減りも遅くて遅くて。塗っても塗ってもなくならない。どうなってるんだろう?って思うくらい減らないのです。

そんな中、ようやく混ざりやすくなって色が変わり始めて暫くした頃、物理的にとても大きな変化が訪れました。
それは自分ではどうにもできないもので、でも不安で不安で居ても立ってもいられないような状況に。

その頃にはこのボトル。塗るのが嫌で嫌でたまりませんでした。
どうしてか、塗る気になれないのです。
しかも喉の周りに塗るとどうしか痒くて痒くて付けていられないのですよね。身体の他の部分では全然平気なのに。なので主に足の裏に使用しました。ここが一番自分的に心地よかったからです。

辛い中、このボトルを使用しているときにふと「私は自分の人生を生き切っていない」と気付きました。気付いたというより、ハイヤーセルフに強く言われたと言った感覚の方が強いです。

そして感じたのは、自分が今までどれだけフワフワと生きてきたかということでした。
私は結構ハードな人生を送ってきたと思いますが、そのどれも自分が自分の人生に責任を持ち、しっかり向き合ってこなかった結果だとわかりました。

時にはまわりの状況のせいにし、時にはスピリチュアルな学びの中の‘すべては決まったシナリオ‘的な考えの中で、とにかく真正面から人生に向き合っていなかったんですよね。

このボトルを使うのが嫌で嫌でたまらなかったとき、毎日の生活も、仕事も嫌で嫌でたまりませんでした。
とくに仕事はいろいろな理由をつけては「転職しよう」と考えていたくらい。
しかし、仕事中にふと「この仕事も自分が好きで始めたんだろう」と強く言われてハッとしました。そうだ、この仕事だって自分が好きで始めたんだ。こうやって私は自分の人生から逃げてばかりいたんですね。
そして、自分の人生には無いものばかりを求めては「自分にはあれもない。これもない」と不満ばかり並べて不幸がっていたんですよね。
それよりも今、自分には何があるのか?自分の人生の豊かな面にフォーカスして、人生を楽しむことを教わった気がします。

そして徐々に、人生とは生きていく中で出会う様々なものごとを、ただ受け入れ、気づいていくことなんだと思うようになりました。
辛い人生。それは自分にカルマ的負い目があり、幸せになってはいけないと自分を卑下し遠慮して幸せを受け取らない自分が作っていたのだとようやく気付きました。
そして、今までいかに自分自身を蔑ろにしてきたかにも気づきました。
まわりの声や意見。世間一般の常識。そして親からの条件付け。それらを意識するあまり、嫌われたくない・傷つきたくないと本当の自分ではない自分を演じてきて、自分のハートからの声を無視し続けて生きてきたのです。
そのことがどれほど自分の魂を傷つけ裏切ってきたことか。自分自身に沢山「ごめんね」を言いました。

これらのことに気付いてからは、ボトルを塗ることにまったく抵抗を感じなくなっていました。それよりもっと塗りたいと感じるほどに変化しました。

私は自分の人生のテーマとして『信頼』というキーワードと向き合う時期にきているようでした。
なので、このボトルもそうですが、選んだ4本のボトルすべて『信頼』に関係しています。

このガブリエルのボトルによって、人生を・存在を信頼し、自分を信頼する。

こうやって次のボトルに繋がってゆくのだなと思いました。




3 人中、3人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。