20本目にしてはじめて・・・ - イクイリブリアムボトル B013

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2014/07/12]
20本目にしてはじめて・・・

伝承やウンチク大好き、でも「おまじない」本は読んでも実行しないようなタイプで、スピリチュアルな体験とも縁遠い人間です。
正直、体験談を投稿することはないだろうと考えていました。

何度かコンサルテーションも受けてみましたが、感性や人柄、場所や金銭的な条件などがおりあうプラクティショナーさんと出会うことができず、体質(かぶれやすい)や体型(150cm、35キロの小柄やせ形、香料や化粧品などなにかが「(肌などに)のる」のも苦手)もあって、段々と気になるボトルやポマンダー、クイントエッセンスを少量(ミニボトルやバイアル)で購入して試すように変わっていきました。

こちらのボトルは、50mlのボトルも入れて、20本目に使った(使っている)ボトルで、「きっと私にはオーラソーマはあわないのだろう。でも気になるからこれで最後にしよう。」と買った3本の2本目です。

子どものころから厭世観や自己否定、不安感が強く、結婚や自身が子どもを持つことに肯定的な感情を持てずにいました。
私にとって「死」は、むしろ苦しみからの解放を連想させるものであり、こちらのボトルを選んだのも、クリアやグリーンという色だけでなく、タロットカード(死)に強く惹かれた為だと思います。

ボトルが残り1/3程になった頃、子どもが入園してから続いていた保育園への登園拒否がきっかけとなって、大きく自分の感情が揺さぶられ、今まで抑え込んでいた幼い頃の思い(親への恨み、弟への妬み)まで噴き出す事態となりました。

子どもがベッタリと自分に張り付いて身動きが取れない中、「このままでは子どもを虐待してしまう」と地域の相談窓口に電話をかけ、ホットラインも紹介してもらいました。

「病院、薬、医師」では「合わない先生等」に当たる確率が高く、今回の相談も「助けを求めて、さらに凹むような対応をされる方にあたってしまったら・・・」と不安だったのですが、精神的にギリギリな状態で助けを求めた今回は、どちらの相談員さんにも「話をきいてもらってよかった」と思うことができました。
具体的な気づきもあり、問題自体はまだ全て解決した訳ではないのですが、少し光が差し込んだような気分でいます。

残り1/3も、「私は自分を大切にします」と心に刻みながら使いたいと思います。


アートビーング・スタッフコメント:
タロットに惹かれてボトルを選んでみられたのですね。

このタロットに描かれている女性は、まるで今はもう要らなくなった
過去を手放すことで、新しい自分の可能性へと開いていっているよう
ですね。

匿名さんの体験もまさにそのような感じですね。

自分へのスペースが広がっていったことで、これからはよりもっと自分
を大切にできそうですね。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。