クヨクヨしなくなった - イクイリブリアムボトル B078

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2014/04/20]
クヨクヨしなくなった

なんだか崇高なボトルのように感じていましたが、使用したときに最初に思ったのは
「あたたかさ・優しさ」でした。

大好きな「フィジカルレスキュー」にすごく似たものを感じたのですが、
ディープマゼンダの効果でしょうか。

首の付け根の痛みがひどく、
寝違えが全然治らなかったり、頭が痛かったりしていた時期だったのですが、
髪の生え際と、うなじのあたり(背骨の一番上のあたり)に毎日つけていたら、
痛みがまったくなくなりました。


ボトルを使っている間は、あまり顕著な反応はありませんでした。

ボトルを使い終わって、しばらくして、
クヨクヨしなくなったと人から言われるようになりました。
たしかに、努力してもうまくいかないことがあると、「不運だ 不運だ」と運命を責めていましたが、そういう回数が明らかに減ったと思います。


そのあと、またしばらくして、
昔の自分は仕事で人に注目されたり、大きな責任を担って、賞をもらったり、華やかでやりがいに溢れていたけれど、

そういう華やかな時代があったからこそ、今があるのであって、
今の自分も、これはこれですごく素敵だ、
いろんな経験をしてきたことが根底にあるのだから、今の自分を恥じる(卑下する)必要はないと、急に思いました。


いつもの帰り道を歩いているときでした。
急に思ったので、このボトルとの関連性なんか、その時は全く気が付きませんでした。

この投稿を書くためにボトルの説明を再度読み返したら、こんなことが書いてあって、
それで「ああ、あのとき!」と思い出したのです。

・解放されるのを待っている深い悲しみを抱えています。
・運命は自分を不当に取り扱っていると、そら涙を流します。
・人生においてたくさんのものを失ったか、あるいは逆に得たという経験があります。


昔の自分と今の自分を比べて、苦しんでいた自分がいたのかもしれません。

華やかではあるけれど、自分の時間がまったくとれず、働き蜂のようだった時期から、
自分の趣味と仕事を両立し、自分の住処を手に入れ、ガーデニングを楽しめるようになった今の自分へ、
人生のステージが変わったことを、受け入れられなかったのかもしれません。

若さや体力や活力は明らかに減って、あのころとは違うけれど
それを「大人になった」と感じずに、「老けた」と嘆いていました。

私が次のステージに、また変わる時期がきたら、クラウンレスキューをまた使いたいなあと思います。






使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。