塗っても塗っても。 - ポケットレスキュー 25ml エーテルレスキュー

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2014/03/05]
塗っても塗っても。

一本使いきっても足りなくて、結局2本買いました。
エーテルレスキューは、どんなに塗っても塗ってもすぐに体が吸収してなくなります。
他のイクイリブリアムは割といつまでも体の表面にとどまっている感じなのに。

使用中は左側のあごや首筋が痛くなったり、
右側の坐骨神経痛がたまに出たりと、
身体の左右のバランスを意識させられることが多かったです。

前回クラウンレスキューを使っていた時からたびたびあった、
夜眠るのが理由もなく怖い、どうしても眠れないというのは、
このボトルを使いだしていつの間にか、なくなっていました。


対人面で、今までだったら、こういう時すぐに傷ついてしょげ返っていたな、というシーンでも、
落ちついて対処できることが増えました。

人から受ける、
<自分のしたことへの注意>と
<自分への非難>とを、
分けて受けとめられるようになった感じです。
これまではこの2つがごっちゃになっていて、傷つかなくていいことで傷ついていたので。


過去に遭った事故のことや、つらい失恋の記憶も何度かよみがえりました。
フラッシュバックというよりも、あのことはどうして起きたのか、それに対して自分のとった行動はどういう感情に起因していたのか・・・など、
過ぎ去ったと思っていたことを検証し直して、再消化する作業という感じでした。


今回オレンジ色と向き合ってみようと思ったのは、
<この世にい続けること>、<根を下ろして人とつながりをつくること>への困難を感じている自分に気づいたからでした。

エーテルレスキューとのワークは、
憶えていないけど確かにあったのだろうバーストラウマや、
そのまた以前の、母のお腹の中にいた時感じていた、
母の周囲への・あるいは母自身への憤りや、
母が私と同じように<ここにいることの困難さ>を感じ続けていたこと・・・など、
そんなことを感じさせるものでした。

ただし、この問題はもっと根が深いというか、
それよりももっともっと過去から、つながっている問題でもありそうな気がしました。

今回のこの問題へのアプローチはここまでで、
いずれまた他の色で他の角度からわかってくるかもしれない、と思いました。
(私自身の準備ができていない、ということもあるのかも)




2 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。