ボトルの説明そのままのことが起こっていました - イクイリブリアムボトル B020

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2009/07/24]
ボトルの説明そのままのことが起こっていました

☆くらっち さん

今年のイヤーボトルがチャクラセットの1つ、20番でした。
2月にレベル2を受講し、その記念に購入しました。

半分くらい使った後、急に必要性を感じなくなり、今は2歳の双子の姪にペタペタ塗ってあげています。(なんだか2がいっぱいですね。^ ^;)

思い返してみるとボトルの説明そのままのことが起こっていました。
メイン テーマ: あらゆる領域で子供たちを援助する。
そしてまた、子供の頃の私たち(インナーチャイルド)をも援助する。

中学生の頃、当時小学生の妹はいじめにあって摂食障害&不登校となり、両親は彼女のケアを一心にしていました。
彼女が完治するまでのかなり長い間、私は人に相談事をしない、(親から見れば)手のかからない子でした。

実際の私は両親に(妹だけでなく)私もみてほしいと思っていたのに。

今は、その時の精一杯で両親は私をみてくれていたと分かっています。
ただ、その時は自分の些細な思い込み(両親は妹ばかり気にかけている)にがんじがらめになり、そのことが私の性格形成に大きな影響を及ぼすこととなりました。

最近までほとんど思い出すこともなく過ごしてきましたが、20番を使い始めてから「あぁ、そういえばそんなこともあったな」と思い出すようになっていました。

そんな折、たまたま縁あって過去世のセミナーに参加しました。
両親への想いはその場で噴出しました。
自分でも驚くほどに感情的になり、言葉をつむぐことが出来ないほど涙がとめどなく流れました。

でも同時に、自分が望まれて産まれ、とても大切に、そして愛情いっぱいに育てられたことを、ただ知りました。
過去へと戻っていくあの体験はとても不思議な感覚でした。

今年は(両親への)いろいろな想いを自分で再認識し、向かい合えた年となりました。
最近は家族内で言いたいことをためこまず、(いい意味で)喧嘩もよくするようになりました。
以前なら、だまりこくってイヤ~な雰囲気が家じゅうに流れていましたが、お互いがお互いを尊重するために必要なプロセスを通るため、(きちんと話をして)人対人として向き合い始めている感じがします。

☆光風霽月 さん

レベル1を受講した時にB20を使ったハンドマッサージを習いました。
2人ペアでマッサージをしました。
先にマッサージをしてもらいました。
人に体を触られるのはとても苦手で、始めの頃は緊張していたのですが、時間とともにだんだんリラックスできて、終わりの頃はうとうとしてしまう位リラックスしていました。
ざわざわしていた感情がだんだんと静まっていきました。
あとで思うと「無」ってこんな感じかな、と感じました。
そして目を開けると嵐の過ぎ去った後の青空のように周りがクリアに鮮明に見え、マインドも自然体の自分に戻っていました。
いつも人の顔色をうかがってびくびくしている自分ではなく。
交代して、マッサージをしている時は穏やかな暖かい感情が彼女の中へ流れ出すように感じました。
言葉にするのはとても難しいのですが「慈しむ」「無償の愛」という単語が浮かびます。
別の機会に頭もマッサージしてもらったのですが、どちらかというとマイナス思考のいつもの自分が、ポジティブでアクティブな自分になっていることに驚きました。
子供の頃の夢に向かっていた自分、毎日が楽しかった頃の感情を感じたのです。
ふたご座生まれなので、B20はとても身近に感じます。
いつもカバンにいれて持ち歩いています。
自分らしい自分を取り戻すお守りです。

☆ベビーピンク さん 

現在は妊娠6ヶ月目。妊娠して以来、ずっと20番をお腹の辺りに塗っています。
初期の頃は、不安で情緒不安定になったこともありました。
不安や思っていることをうまく言葉にできず、ダンナにあたったりもしました。
子どものようにわがままを言って、何度も困らせたこともありました。
自分の中のインナーチャイルドが、表に溢れ出ているようでした。

そんなある日、映画を見ていて急に涙が止まらなくなってしまったんです。
今までダンナの前で殆ど泣いたことがない強気の私が、この時ばかりは不思議なくらい涙があふれ出て、思いっきり号泣・・・。
その時やっと気付けたんです。
私の周りには、幸せがいっぱいあふれている!! と。
幸せに囲まれていることに感謝しなきゃ・・・と。

それ以来、すっごく優しい気持ちになれ、思いやりを持てるようになりました。
あんなに不安定だったのがウソのように、いつも気遣ってくれるダンナや、お腹の中で育っている赤ちゃんに、心から感謝できるようになりました。
胸が、すーっと軽くなったような感じです。
心の平和、安らぎが戻り、今は穏やかな空気が流れているようです。
キモチの持ちようでこんなにも生活が変わるんだなぁと実感しながら、赤ちゃんに会える日を楽しみに待っています。

出産まで20番を塗り続けるつもりですが、赤ちゃんが生まれたら、真っ先に11番を塗ってあげようと考えています☆

☆クローバ さん

こういいたいのに伝えたい事はそんなことじゃないのに・・・・そんなもどかしさを抱えてしまう時、B20のスターチャイルド、特にピンクのエネルギーが傷つきそうなわたしのココロに平穏さ・静けさをもらたしてくれます。

ついコントロールしてしまうブルーの感情、受け入れるか受け入れないか、人に厳しい分その同じ事を人にも求めようとしてできなかった事を何故? どうして?? と責めたててしまう。または伝えようとした事が伝えたいまま伝わらなかった感情。まさしく気分がブルー・憂鬱という循環になりそうな時・・・。

結果、人は同じ事を聞いても捉え方が違うのでその時初めて自分のエゴを相手に押し付けようとしていなかったのか? そのバランスをピンクのエネルギーがそっとなにをいうのでもなく、ただそこにいるかのように見守ってくれます。
傷ついてしまった自分をどこか可愛そうだと思っていないか? ついついピンクの完璧さを求めるあまり、そんな自分を演じてしまいそうになります。
少し話しは逸れますが、演じる事はコーラルの人にも多かったです。なり振る舞いをそのまま感じたまま表現する時にはそれが強さ・脆さという2面性を持ち合わせている事にもなりえます。

アンバランスで極端な面があるのがコーラル、ピンクは平穏で受容である我ゆえに自分の事を最後にしてしまいケアをしない事。
こう書いていてフシギにこの色とは関連の無いコーラルの感情を感じました。

☆くらっち さん

私には双子の姪がいるのですが、『魔の二歳』~『悪魔の三歳』と言われる現在にかけて、たまに塗ってあげるボトルです。

本当に有り余るエネルギーを持った2人で、一日まともに付き合うと、大人がやられてしまうほどなのですが、スターチャイルドを塗ってあげると、その悪ガキ度(笑)が少し落ち着いたり、寝つきがいい気がします。(かわいいはかわいいんですけど、ね…^ ^;)


そんな2人に姪の母(私の妹)は、常に双子の姉にピンクを、そして妹にはブルーを与えている時期がありました。
着る服にしても、プレゼントとして2人にあげる人形用の乳母車の色にしても、本当に何もかもです。

色が人に与える影響を実感している身としては、「たまには逆の色にしてあげてみたら」なんて軽く言ってはみましたが、母としてはあまり考えず、色を統一している方が楽という理由でそれぞれの色をあげていたようです。

ある程度クレヨンの色が言えるようになってきた頃、双子に聞いてみたんです。
「(このクレヨンの中で)どれが好き?」

姉「あおー」
妹「ぴんくー」

見事に、いつも母が与えている色と逆でした。^ ^;

話を聞いてみると「あっち(の色)がいい」とお互いが言うので、「じゃ、換えっこしてみる?」と何気なく言ってみました。

普段は人に物を貸せない子たちなのですが(笑)、この時ばかりはお互いの利益が一致したからか、嬉しそうに人形の乳母車を交換していました。

今は妹もいろいろな色をあげていて、安心してみています。

うちの姪だけでなく小さい子たちを見ていると、本当に彼らは【今】に生きているなぁ、と実感させられます。

楽しく遊んでいる時に大人の都合で「じゃあ、もう遅いから明日にしよっか」と終わらせようとしても、100%無理ですし。(うちは120%で泣き叫ばれます。^ ^;)
彼女たちにとっては【今】遊びたいのであって、今でなければいつだろうと変わらないのでしょうね。

姪と接していると、今まで抱いたことのない気持ちがわきあがってくることが多々あります。成長させてもらっているのは私の方だなぁ、と感じます。

今しかない彼女たちの幼少期に、ともに時間を過ごせることが今とても幸せです☆



4 人中、4人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。