ゆるやかに - イクイリブリアムボトル B024

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2013/12/27]
ゆるやかに

24を使って気がついたこと

・これまでの人生は本当に悲劇だったか
そうでもない、という思いそれでも悲しかったところを認めてあげられた自分がいた
そうすると、じたばた暴れていた悲しさや苦さが穏やかになっていく
「人生を瞑想の場として生かしていく」というタロットのメッセージは、頭で考えてうーん、これがこうだから…とクイズやパズルのように人生を生きるのではなくて、一旦空っぽにする、スペースを作ることで、より自分の弱さなのか、他人の思考なのか、本当の思いや考えなのかというノイズのようなものをクリアに見聞きする事ができるよということなのかも知れない。

・“自分のため”が少なすぎたこと
・もっと本能的に生きたかったという気持ち
・家族としての役割、学校・社会での立ち位置

人助けがしたくて
でもただ自分が傷つくばかり

絵も落ち込んだ人を助けるために描きたかった
だけど、人助けだと思えば思うほど重苦しくなっていった
デザインは
ビジュアルとして
他人にどう見られるかを
常に意識しなければならないこと
それは私にとって
とても苦しい作業だった
自分の力のなさを自分に突きつけていた

疲れたとき
必要ならば私の枝で一時、一休みしてくれたらいい
自分が好きなことを好きなように表現していけばいいと思った
無理しなくていい
私は私

劇的な変化では無かったですが、もう一度自分を見直せるボトルだったように思います

個人的に、ちょっと暗い場所で見ると誕生日ボトルのドルフィンに似ていて、愛着がわきました。



1 人中、1人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。