約3週間、めまぐるしく忙しいワークでしたが・・・ - イクイリブリアムボトル B060

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2013/08/18]
約3週間、めまぐるしく忙しいワークでしたが・・・

いつもは25mlで済ますのですが、
初めてのチャレンジ&ギフトボトルなので、じっくり向き合いたいと思い25mlを2本買いました。
老子と観音のクイントエッセンスとも併用です。


これを2本目に選んでから、すぐに使う気になかなかなれず、他のボトルに目が行っていろいろ使っていました。
使いたい気はあるんだけどなー・・・・と思うたびに、老子と観音は、

「いいんだよ、いつでもおいで」

と、ゆったりと構えて待っていてくれる気がしました。


使ってみると、やはりチャレンジということで、今まで使った他のボトルとは、だいぶ使用感が違いました。見たくない、認めたくない自分の面を、他人の中にまざまざと見せられることが続きました。

すごくお金に卑しかったり、
細かいことにうるさくこだわって、人を裁いたり、
何でも頭から否定的に見るところや、
人を値踏みしようとする傾向や、
自分で自分に制限を設けて、そこから抜け出せないでいるのを良しとしていたり、
人あたりが良く見せておいて、すごく微妙な方法で人を操ろうとしたり・・・・・


使いだす以前から、なんだか消耗した感じで心身共に振るわない時期が続き、
それに加えて上記のような、自己嫌悪をもよおす”学び”が続いたので、かなり参ってしまいました。

とにかく、もうちょっと自己肯定させてほしい・・・
と思い、いろいろポマンダーに手を出したら、ピンクが効きました。
ほわっと守られている気持ちになります。

しかも、よお~~~~~く見ると、ボトルの青の上部に、うっすらとピンクの層があらわれています。
いつも使うボトル使うボトル、下層の色が上に乗って三層になるのですが、もともとボトルにない色があらわれるのは初めて!
25mlを使いきって2本目を開けても、同じことになっています。。。


ピンクのポマンダーだけでは足りなかったようで、なぜか気分が向いた66番『女優』のボトルとも併用し、
残り少なくなってきた現在、やっとおぼろげにいろいろわかってきました。


まず、チャレンジの意味、
『骨折り損になることに気づかず、与えすぎる』について、

私は相手のためになりたいと少しでも思うと、
どんどん相手の話を聞きペースに飲み込まれ、自分が消耗してしまう上に、
相手がその意見を受け入れる用意ができていないのに、自分の持てるもののみならず、いろいろな知識や方法を調べ上げてすべてを教え、結局徒労になるということが多いのです。

それに、中には、
『本当に本当に、この悩みを何とかしたい』と深いところでは思っておらず、
本人も無意識のうちに、その悩みを利用して、ネガティブな意味で人に寄りかかり、都合のいいように周りを操ろうとするような人も、世の中にはいるのだということが、やっと分かってきました。

それを理解した瞬間、相手との関わりの中でどのあたりで線を引くべきかも何となく体得できたし、
今までは<線を引く>ということに、相手を切り捨てるようで罪悪感があったのですが、自分と相手の双方のためを思えばこそ、線引きが必要だと素直に感じることができました。

そして、自分が
『私は線を引きます。あなたにできることは、もう全てやりました。あとはあなた次第なんですよ』
と思い決めると、
相手もそれ以上は押してこず、自然に離れていってくれるということもわかりました。


そして、これも大事なことですが、
前述の<ネガティブな方法で人を操ろうとする>というのは、
自分にも立派にそういう面が存在するのだ、ということが見えてきました。

私の場合は、ネガティビティというよりも、特に男性に対して、甘えたり、相手の情や罪悪感に訴えることで、自分に都合よく仕向ける、といった感じの方法でしたが・・・・

とにかく、今までは無意識にやっていたことだったのですが
(世の女性はほとんど、やった経験があるはずだとは思います^^;)、
こういう部分は手放して、フェアに向き合っていこうと本気で思いました。

体力も少しずつ戻っているようです。
あと少しのボトルとのワーク、楽しもうと思います!



4 人中、4人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。