愛に国境はない - ポマンダー 25ml ピンク

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2013/06/19]
愛に国境はない

以前勤めていた職場での話です。
同僚達の殆どは日本人ではなく、
言葉や文化の違いに戸惑う事も多い職場でした。
出勤時、というか外出時は必ずピンクのポマンダーをつけていましたが、
ある日、あまりにも体調が悪く
いつものピンクに変えて
手持ちのディープレッドをつけて行きました。

それでもいつもより少し私の手際が悪かったのだと思います。
そして、運悪く他の女性外国人もその日は体調不良だったようで、
その子と同郷でもあるその場で一番上の立場の男性からいきなり罵倒され、
私は体調不良に加えてわからない言葉で散々罵倒されたので
年甲斐もなく泣いてしまいました。

それからは怖くなってどんな時も必ずピンクをつけることにしました。
他の色をつける日もセットでつけます。

彼は大変厳しい人で、
他の人達はよく彼に怒られたり嫌われたりしていましたが、
私は後にも先にも彼に罵倒されたのはその1回きりで、
それどころか私は彼に仕事振りを評価され、大変可愛がられ、
本当によくして頂きました。

私が職場を離れた後、その職場は潰れてしまいました。
私が辞めてからは、職場の雰囲気もとてもギスギスした感じだったようです。

今ではその上司は国に帰り自分で事業を起こして成功しておられますが、
時折国際電話がかかってきて、
私に働いてほしいと言ってくれてます(笑)

私の中でピンクは恋愛のイメージが大きかったのですが、
まさしく場の雰囲気を良くする効果が高いのだと感じました。
私自身は場の雰囲気を和ませたり、癒し系とは反対のタイプですから
間違いなくピンク効果だと思います。

愛に国境はないのだと教えてくれたピンクでした。
これからも手放せません。

ありがとうございます。


アートビーング・スタッフコメント:
ピンクのポマンダーが言葉や文化の違いを助けになったことを読ませていただいて、愛のエネルギーは国境を超えるのだなーと再確認しました。

ピンクのポマンダーは、ひとを傷つくことから守ってくれますから、罵倒されたときにピンクのポマンダーでケアされたことはベストチョイスでしたね。
また、集団のエネルギーを調和させる働きもありますので、コミュニケーションが取りづらい場でお互いがつながっていくのに、よい影響があったことだと思います。

恋愛だけでなく、さまざまな場所でピンクの愛は育つのですね。

これからもまた気づきがあれば、いろいろとシェアしてくださいね。


4 人中、4人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。