60番はわたしが生まれて初めて使用したボトルなのです - イクイリブリアムボトル B060

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2009/07/24]
60番はわたしが生まれて初めて使用したボトルなのです

☆ricco さん

60番はわたしが生まれて初めて使用したボトルなのです。
まるで宙に浮いているような青がとってもきれいで眺めるのも、使用するのもとてもたのしくここちよいものでした。そして自分で使用してみてオーラ・ソーマを実感しました。
始めは何も感じない気がしていたのですが、気がついたら前は気にしていたことも気にしなくなっていて楽になっていた。。。そんなかんじです。
オレンジ(の光線)と知ったときは正直? と思いましたが、今いいならいいや~と思っています。だから60番のボトルが使い終わった今もだいすきで、よく眺めたりしています。なんだか暖かい感じがするんです◎
でも、リーディングで選ぶわけではないから、オーラ・ソーマはほんとうにおもしろくて、興味の熱がなくなることがありません。奥へ進むことをやめずにずっと学んでいきたいです。すごい長くなってすいません。。ボトルを使用したことのシェアがしたいなあとおもっていたので、自分でしてみました☆

☆ロッタ さん

わたしは B60「老子と観音」を一本目のボトルに選びました。
このボトルはブルー/クリアーです。
一本目のボトルの下層がクリアーの場合は、魂のボトルとして認められていないそうです。
しかし、わたしの体験をあえて書かせていただきました。

わたしは鍼灸師です。
かれこれ10年間、人はなぜ病気になるのか、どうしたら病気が根本的に治せるのかというテーマを抱えて探究してきました。

最初は西洋医学に没頭しましたが、限界を感じて、中国医学に探究の道を見出そうと、中国古典思想を一から勉強しなおしました。
 
そこで出会ったのが『老子』でした。
 
わたしは『老子』を読んで、稲妻が脳天に落ちたような衝撃を受けました。
「これこそわたしが求めていた人生の道しるべだ」と感激し、『老子』を書写し、また関連図書を20冊ほど読み漁りました。
わたしにとって、人生の師は「老子」だったのです。

さて、その2年後にオーラソーマに出合いました。
前述の通り、わたしは一本目に「老子と観音」を選びました。もちろんボトルにこの名前がつけられていたことなど知りません。それだけで、十分驚きに値します。
 
しかし、それだけではありませんでした。

以下、箇条書きにしてわたしとこのボトルとの相関関係を書いてまいります。
わたしのブログを引用しますが、すべてオーラソーマと出合う前に書いたものです。

1、このボトルのメッセージは「静かになり、自分を『知る』」

→わたしのブログのテーマ「自分を知ること。最高の自分になることを目標にしています」

2、このボトルのメインテーマ「あまりにも深い安らぎの故に、自分がゆく道で出会うすべてのものを静かに受け入れる」

→わたしのブログのテーマ「本当の強さとは、争うことにあらず。あらゆるものごとを受け容れることなり。――老子」

3、このボトルに対応するクイントエッセンスは「老子と観音の慈愛のエネルギーは、病気の原因とそれらの背後に横たわる信念と態度への洞察を与え、そのエネルギーを変化させ、変容させる能力を与えてくれます」

→わたしのライフワーク(前述のとおり)「人はなぜ病気になるのか、どうしたら病気が根本的に治せるのか」

4、このボトルの「易」は「60番 制限」
 
→わたしは自らに「制限」をかけ、先天的疾患をもって生まれました。

5、このボトルのアファメーション「私は、すべての制限から自分を解放します」

→わたしは過去生において人を傷つけてきたので、今生において二度と人を傷つけないように自ら制限を課し、なおかつカルマのバランスをとるために人を癒す仕事を選んだのだと思います。

6、わたしは(前回の投稿に書いたように)大天使ミカエルの協力によって、夢の中で老子と会うことができました。その感動は筆舌に尽くしがたい。

7、常に持ち歩いている本『タオ―道』加島祥造著の表紙も「ブルー/クリアー(白)」ちなみに、その本の帯封は観音の色である、ペールオレンジ。

8、オーラソーマを知る前に作った、通園カバンも、このボトルとまったく同じデザインと配色の「ブルー/クリアー(白)」でした。

書き出したらきりがありません。詳しく書けば一冊の本ができてしまうくらいです。このボトルをわたしの魂のボトルとみなしたいのですが、皆さんはどう解釈されるでしょうか。



3 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。