怒りの解放 - イクイリブリアムボトル B084

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2013/02/17]
怒りの解放

このボトルは、数年前に初めてオーラソーマのコンサルティングを体験し、
初めて購入して使用した、思い出のボトルです。

そのときはまだ、オーラソーマって??
という感じで、ただただキレイなボトルだなぁ、
四本選んで、なぜこんなに的確に心の状態が表れるのだろうとの驚きの印象しかなく、
使用してどんな変化があるとか、
何のために使うのかもよくわからないままに、使い始めました。

身体に塗り始めて一週間たった頃、
ふと、毎日何かと「怒っている」自分に気が付きました。

毎日毎日、怒りっぽくなっていて、
普段我慢していた不満とか、ひとつ怒り始めたら
次々と、ささいなことにプンプンと腹を立てていました。

あるとき、
「あれ?なぜ私はこんなに毎日怒っているのだろう。」
と、客観的に自分を見て、
“風の中のキャンドル”のボトルを使い始めてからだ・・!!と思いました。

私はそれまでずっとずっと、怒る、という感情は
ほとんど出したことがありませんでした。

子供の頃から、母が私に厳しく、
怒りだけではなく、泣くことも、我慢していました。
いつも自分の感情を抑えて、我慢して、
自分のことは後回しにして他人に譲ったり。

でも、心の中には、
もちろん怒りたい気持ちがたくさんあって、
本当は出したかったのだけど、
出し方がわからなくなっていたのかもしれません。

今まで抑えていた怒りの感情が一気に爆発したかのように、
毎日毎日、怒り続けていました。

ボトルの説明にあるように、母との関係性にとても問題を抱えていました。
今思えば、母が感情的な人だったので、
私は母の感情を受け止めていたのかなとも思います。

正直、オーラソーマのボトルから、
このような変化がすぐに現れるとは思ってもいなくて、
しかも、怒りの感情は出しながらもとても辛く感じて、
(抑えていた期間が長いせいか、止まらないのです)

すごい効果!と思いながら、
このボトルを使い終わったあとに、次のボトルにチャレンジするのが怖くなり、
しばらく次に進めませんでした。

(使うと、また感情が出てしまうと・・・)

そのときの自分は、まだすべてを解放する準備が
出来ていなかったのだと思います。

でも、この体験が私の心を目覚めさせ始め、
いつか必ず、(オーラソーマのボトルが)再び必要になるときがくる、と、
心のどこかで確信していたように思います。

初めて使用したボトルは、とても刺激的なスタートでした!


アートビーング・スタッフコメント:
はじめて購入したボトルでとても貴重な体験をされましたね。
その体験を通して大きな気づきを得られたのは素晴らしいです。
レッドは生命エネルギーを表します。そのエネルギーが抑圧されると
怒りになってしまいます。
しかし、そのエネルギーを解放していくことで、それは情熱のエネルギー
として使っていくことができます。
そしてまた、目覚めのエネルギーとして、成長のためのエネルギーにも
なっていきます。
怒りのエネルギーに気づき、それを解放しはじめたことはとても大きな
第一歩でしたね。
このボトルの上の層にはピンクがあります。
ピンクはあるがままの自分自身を抱きしめ受容することを助けます。
怒りに気づき、解放することは第一歩。そしてそのあるがままの自分を
抱きしめ愛することが大切です。
ピンクのポマンダーやハートのグリーンのポマンダーなども一緒に使う
とよかったかもしれませんね。
自分で感じて腑に落ちたことは、大きな力になり、目覚め、歩みになる
様に思います。
これからますますご自身に開かれていかれることでしょう。


2 人中、2人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。