愛の炎が自分自身を照らす・・。そして新しいスタートへ - イクイリブリアムボトル B023

|

オーラソーマの体験談

体験談/お客様の声
※ 体験談は他のお客様により書かれたものです。ご購入の際はお客様ご自身の判断でご利用ください。
戻る

[2012/07/31]
愛の炎が自分自身を照らす・・。そして新しいスタートへ

このボトルを使い始めた頃、頻繁にめまいが起きるようになり、病院へ行くと、肩こりが原因とのことでした。「ずいぶん頑張りすぎてるんじゃないの?ほどほどにしなさい。」とお医者さんに言われ、仕事が嫌いではないんだけど、1分1秒をも時間を争うほど超多忙で、疲れ切って、全てに嫌気がさしていたことを見透かされたようで、泣けてしまいました。肩が冷えることから肩こりがひどくなるとのことだったので、夜に使い捨てカイロを肩や首筋に貼って寝るよう指示されました。

おへその下あたりに塗ると、どんどん塗りたくなって、結構ジャブジャブ使いました。使うとゲホゲホと咳が出てきて、浄化かなと思いました。
使用期間は10日ほどでしたが、この間に肩こりもだいぶ良くなってきて、使う前より気分も良くなっていきました。

使い終わって数日経ち、「そんなにがむしゃらに頑張らなくても私はできる」と思うようになりました。
「今まで何度も苦しいことがあったけど、乗り越えてきたし、もっと自分自身を信頼しよう。もっと自分に目を向けても大丈夫。周囲の物事もきちんと進んでいく。」という気持ちになりました。自分自身や自分をとりまく環境に対して、今までより信頼感がでてきたように思います。

今思えば、使う前は心も体も冷え切っていたのかなと思います。
だから、カイロが必要だったんだし、このボトルも必要だったんですね・・。
ピンクは自分を愛することがテーマの色なので、使ったときに体が反応して自分を見直すような状況を招いたんだと思います。
このボトルの上層はローズピンクですが、ピンクにほんの少し多くレッドが含まれているそうで、それは火(愛の炎)を表すともいうことですが、私の場合、その火がくすぶっていたみたい・・。
今はきちんと完全燃焼して、心も体も温め、周囲を明るい光で灯して周囲のこともきちんと見えるから、見通しを持って安心して生活できそうな今までにない気分になりました。
始まりと終わり・・
今までと違った新しい方向へ歩き出していけそうな気がしています。


アートビーング・スタッフコメント:
ピンクをもたらすことの必要性がよくわかりますね。

このボトルを使うことの経験とそのプロセスが、まさにこのボトルのメッセージと作用を語ってくれていますね。

貴重な体験とその気づきをありがとうございます。

今までと違った新しい方向への歩みが楽しみですね。


4 人中、4人の方が、「この体験談が参考になった」と投票しています。




使った感想、使用法、どのように使って、どのように良かった、などのみなさんの体験談をお知らせください。