クィントエッセンス

|

オーラソーマへのご招待

クィントエッセンス

クィントエッセンス

説明を聞いてもなんとなくしっくり来ない??
でも、本当はとてもシンプルなのです。
自分が、どんなことに「意識」を向けているのか、そのことを再確認し、思い出させてくれるエッセンスなのです。
自分が「意識」を向けるものを、引き寄せる
すでに私たちの中にあるものに気づくために、再びここで色の光線、波動を引き寄せるための云わば助っ人なのです。


クイントエッセンスは全部で15本あり、ポマンダーよりさらに精妙なエネルギーであり、エーテル体とアストラル体のオーラの領域に作用します。
ポマンダーよりも薄い色で、ペールカラーで出来ています。
クイントエッセンスは「マスターボトル」に対応した名前とエネルギーを持っています。
クイントエッセンスはインヴォケーション(祈り)として作用します。
それぞれのマスターはマスターボトルとクイントエッセンスに象徴される固有の色の光線を持っています。
クイントエッセンスはそのマスターの名前と波動、その色のエッセンスである源のエネルギーに波長を合わせ、そのマスターの光に開いていくことを助けます。

セラピューテック・ボトル(2番目に選んだボトル)に対応するポマンダーやクィントエッセンスを
使うことで、より自分のために必要な波動をもたらすことが可能になります。

How to Use
  1. 1. 手の手首に三滴落とし、優しく両手首をすり合わせます。そのクイントエッセンスのエネルギーを感じます。
  2. 2. エネルギーを感じ、準備が出来たら、両腕を頭上にます。そのとき両腕は、自分に両腕と背骨のところから伸びる天使の翼のようになったと想像し、アストラル フィールドに翼があるのを感じてください。
  3. 3. それから優しく頭の上で両手を交差させながら、天使の翼を羽ばたくように動かします。そうするときに自分に起きる感じを味わいます。
  4. 4. 今度は翼を開いたり閉じたりイメージし続けながら、両腕を交差させるように動かしながら降ろしていきます。
  5. 5. 頭頂から、額の前の第三の目、喉のまえあの第五チャクラの前、というふうに、それぞれのエネルギー センターのところで両手首を交差させながら、眉、喉と降りていき、ハートのところまできて両方の翼を休めます。
  6. 6. しばらくハートのところで休んで……、自分の準備が出来たら、両腕を下の方に移動させながら、両手首を太陽神経叢の上、ハラの上、第一チャクラの上と交差させて、母なる大地にまで降ろします。
  7. 7. それから、ちょうど手前に向かって糸車を回すような感じで、両手を逆向きのスパイラルで巻き戻しながら、身体の前面を両手で上に向かってたどり直して、もう一度エネルギーを世界に送り出すところまで戻ります。
  8. 8. 最後に、両の手のひらを額の所で合わせ、鼻の前に手首がくるようにします。三回深呼吸しながら、自分の身体の寺院の中にクイントエッセンスを深く吸い込みます。

4ボトルリーディングを経て、自分のボトルに出会いそして、ポマンダー、クィントエッセンスが何かを、少し知っていただくことができましたか?

もう少し深く知りたい方は、どうぞこちらへ
個人セッション、各コースへ
個人セッション、各コースへ
aura-soma.jpサイト