さっそく使ってみよう!

|

オーラソーマへのご招待

さっそく使ってみよう!


たとえ薬草の内容物や水晶エネルギーの働きを知識としては知らなくても、イクイリブリアム ボトルの全範囲の中から自分の好みの色を選ぶだけで、私たちは自分の存在の必要を認識することができます。
次のステップは、ただそのオイルを使うことだけです。
「偉大なるガイド」はあなたの中にいます。
自分で選び、自分で使う=自分の魂、精神、心と健康に責任を持つ
「自分のための処方箋」なのです。

使い方
キャップを取って、左手で薬剤師がするようにボトルを掴みます。つまり、中指で開いているボトルの口を押さえ、親指でボトルを下から支え、人差し指と薬指でボトルの両肩を押さえます。
それからボトルを激しく振って、一時的に中を乳液状態にします。そしてこの乳液を手の中に振り落とし、 それを直接肌に塗り込むと、そこでオイルとエキスが吸収されます。イクイリブリアムは、選んだボトルの上層部分か下層部分の色と関係する体の部分に用いることができます。とはいっても、直感の導くままに、そのオイルを身体の別な部分に適用しても構いません。

「偉大なガイド」はあなたの内側におり、どう用いるかの責任はあなた個人のものです。
ただし、重要なことは、乳液を塗るのは身体の前面とか背面ではなく、身体のその部位全体に帯状にぐるりと使うことです。自分のために使用するボトルは、誰かのためでなく、自分自身のケアのために用いることをおススメします。
エネルギー的にボトルとあなたとの間に深いつながりが生まれるでしょう。ボトルを最後まで使い切る、途中でやめる・・・すべては、あなた自身の直感に従ってください。
ボトルは、お部屋に置いて眺めるだけでももちろん、くつろぎやインスピレーションを与えてくれますが、もし、あなたが自分のために使うのであれば、4本のボトルリーディングをおススメします。
そして、4本の中から2番目に選んだボトルを、直接身体に塗っていくのが基本的な使い方です。
2番目のボトルは、あなたが本来の才能に気づき、その可能性を開くことを助け、どんなチャレンジにも意味があり、ギフトと同じように素晴らしいものであることに気づけるように、そのプロセスをサポートし勇気づけてくれます。
夜眠る前に、そして朝目覚めたときに、リラックスしたいとき、あなたが使いたいと感じるときに、直感を信頼して使ってみましょう。


さあ、これで何の不安もなく、ボトルとコミュニケーション(ボトルを身体に塗る)とることができますね。

ボトルを選んだら、なくてはならないその友達をご紹介しなくてはなりません。

ご興味のある方はこちらへ
使い方へ
ポマンダー、クィントエッセンスへ