前のボトルを使いきっていないまま、新しいボトルを使ってもいいのでしょうか? - 次のボトルに移行する時期/イクイリブリアムボトル

|

よくあるご質問

次のボトルに移行する時期

次のボトルに移行する時期/イクイリブリアムボトル

質問

前のボトルを使いきっていないまま、新しいボトルを使ってもいいのでしょうか?

数年前にカウンセリングを受けてボトルやポマンダーを購入したのですが、とぎれとぎれに使用していたため、まだボトルが使いきれていません。
最近、思いたってネットで4本リーディングをしたのですが、前のボトルを使いきっていないまま新しいボトルを使ってもいいのでしょうか?
以前、選んだものを使いきれていないと、プロセスが未完了になってしまうとかありますか?
回答
ひとそれぞれがユニークで、異なっています。
オーラソーマではそれぞれの人のユニークさやその人の感覚、内なる声を尊重しています。
『無理強いしない魂のセラピー』というポリシーは、そのことの現れです。

どうして今のボトルの大きさになったかをお話しするとお役に立つかもしれません。
最初のころヴィッキー・ウォールが創ったボトルは100mlのボトルだったと聞いています。 でもそれだと、みんな使い切れなかったようです。

それでヴィッキーさんは75mlにボトルにしました。ガラスも厚く、重くて、これを日本の女性が振って使うのは大変だろうと思います。

そのあと50mlのボトルになりました。
今ではこの容量がひとつのプロセスとして使い切るのにちょうど良いだろうとされています。

でも、それは単に平均値をとっただけのことです。世の中に平均身長というのは計算で割り出せるかもしれませんが、みんなが平均身長であるわけではありません。ひとそれぞれユニークなんです。違っています。
人それぞれのプロセスも、違っています。

ヴィッキーさんは「私たちに提供できるものはガイドラインにしか過ぎません。みなさんの内なるガイドを信頼してください」と言っています。
オーラソーマでは常にこの原則に立ち返ります。
オーラソーマは自分自身を愛し、ケアーする道具です。
自分に合ったように使うのが正解です。

ボトルを使っている途中でも、なんだかもう十分な気がする、という感覚があれば,そのときがやめるときかもしれません。
あるいは少し休んでいると、またつけたくなるかもしれません。
あるいは1本ではなんだか物足りない気がして、もう少し続けたいと思うかもしれません。

自分の感覚に従ってください。
ただし、ガイドラインにはガイドラインとして、ある意味があります。
基本的には50mlのボトルを使いきる、ということが一応の目安です。
そのことを念頭においた上で、自分自身のプロセス、感覚を尊重してください。


オーラソーマ・イクイリブリアムボトル




誕生日ボトルとすでに持っているボトルを一緒に使用することはできますか?
イヤーボトルは、その年のイヤーボトルと個人のイヤーボトルの両方を同時に使ってもいいですか?


お問い合わせフォーム


オーラソーマ全般
イクイリブリアムボトル
ポマンダー
共有について/ポマンダー
クイントエッセンス
共有について/クイントエッセンス
ポケットレスキュー
エアーコンディショナー/アークエンジェロイ
ペンダント
その他のオーラソーマ製品
マッサージオイル/その他のオーラソーマ製品
書籍・CD・タロットカード
オーラソーマタロットカード/書籍・CD・タロットカード
効果からの製品選び
オーラソーマを学ぶ
割引について
個人セッション・コンサルテーション


アートビーング全般よくあるご質問

アートビーング・メンバーズ